2016年01月26日

エクセルの行の挿入と削除 ショートカットキー

エクセルの行の挿入と削除

行の挿入と
行の削除

エクセルを使っていると頻繁に使う事があると思います

一番一般的には、マウスから操作する事だと思います

マウスの操作
挿入の場合
マウスで挿入したい行を選択して
右クリックをして
挿入(I)をクリック


削除の場合
マウスで削除したい行を選択して
右クリックをして
削除(D)をクリック


やはり、マウスの操作ばかりだと
マウスを操作する手が疲れます

やはりキーボードからの操作の方が楽です

キーボートからの操作(ショートカットキー)
挿入の場合
マウスで挿入したい行を選択して
Ctrlキーを押しながら「+」を押す

削除の場合
マウスで削除したい行を選択して
Ctrlキーを押しながら「-」を押す

この操作でだいぶ楽になると思います

マウスのみでの
行の挿入と削除に比べると

キーボードからの操作
ショートカットキーを使って
楽にエクセル操作できるようになるの便利です

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセス・WEBプログラミングを動画で楽々マスター!動画パソコン教室!【楽ぱそDVDプレミアム】オフィス2013

今回は、エクセルの行で説明しましたが
全く同じ事が「列」の操作でも実行できます

Excelを便利に、少しでも手間を省いて
使いたいですね。
posted by 動画で学習 at 09:17| エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする